引っ越し料金になぜ差があるの?

私たちは大事な家や車を売却する時、1円でも多く買い取ってもらいたいものです。
だから、いくつもの業者に査定してもらい、オークションにかけるようにして1円でも多い価格をつけた業者を選ぶでしょう。
手続きが煩雑であるとか、業者の態度が気に食わないとか、よほどの理由がない限り、売却する場合は価格が決めてになるでしょう。
しかし、引っ越しやリフォームなどのサービスを依頼する場合、果たして「料金が安い」ということだけでいいのでしょうか。

引っ越しは大事な家財を移動してもらうことです。
思い入れのある家具などを他人の手にゆだねて移動してもらうからには、ぞんざいに扱われたくないし、破損されるなどもっての他です。

一方、リフォーム業者を選ぶのにも神経を使います。
これからずっと快適に過ごしていきたい場所を建築のプロに造ってもらうのですから、丁寧で誠実な仕事を心がけてもらいたいものです。

そこで信頼できる業者を選定するための手段として、複数の業者に見積もりを依頼する相見積もりをしていきますが、ここで「料金」では判断できない業者選定のポイントが浮かび上がってくるのです。
例えば、リフォームの場合、1日当たりの人件費や、資材のメーカー品番から数量、単価まで細かく記載された見積もり書よりは「一式いくら」と書いてあるほうが、わかり易くてザックリと比較するにはいいかもしれません。
しかし、そうした業者ほど仕事をとるために安易な値引きを提案してきます。
何にどれだけ費用をかけているかを明かしていないからです。
これでは、料金次第で「仕事はしますが手抜きもします」と宣言しているようなものです。

今回は引っ越しとリフォームで相見積もりのポイントを見ていきたいと思います。