この記事をシェアする

料金だけが信頼できる業者の目安?

引っ越し料金に価格の差があるのは当然です

同じ日時、同じ積荷、同じ距離の移動なのに引っ越し業者によって料金は異なります。
また、同じ業者で、同じ積荷、同じ距離であっても日時が異なれば料金に差が生じます。
だから、相見積もりをした時、単純に料金の差だけで「低料金の優良企業」だとは決められません。

引っ越しの場合、料金の差は輸送トラックの手配状況に左右されます。
単身赴任で荷物が少量の場合、複数人分の荷物を一台のトラックに混載することが可能です。
目的地方面にたまたま空荷で帰るいわゆる「帰り便」トラックがあれば引っ越し業者も渡りに船。
当然、低料金を提示することができます。
これが各地にトラックターミナルを確保している大手引っ越し業者の最大の強みの一つです。
過当競争の引っ越し業界にあっては、積み上げてきたノウハウにより運送時の安全性などで業者間での大きな差はありません。
相見積もり時の料金の差は、ほぼ依頼する側のタイミングの問題といえます。

正しく理解して賢く引っ越し

引っ越し業者は見積もりを提示する際は必ず専門の従業員を訪問させ、荷物の数量や大きさなど確認させます。
また、目的地がトラックを横付けできる場所なのかどうかによって何tトラックを何台出す、従業員を何人手配するなど緻密な計算をして一枚の見積もり書を作成します。
つまり、一つの見積もりを出すのもそれなりの経費がかかっているのです。
それが相見積もりだということがわかっていればなおのこと、仕事をとるため採算ギリギリのラインで料金を提示してくるでしょう。

先程も述べたように、引っ越し料金の差は引っ越し日時のタイミングによる場合がほとんどです。
よって日時より料金を優先したい場合、引っ越し希望日時に幅をもたせて見積もりを依頼することが、賢い行動といえます。

また、5~6社に見積もりを依頼することがベストといえますが、とても余裕がない場合はネットの引っ越し見積もりサイトで2~3社に絞って、依頼するのがよいでしょう。