この記事をシェアする

この料金でしっかりリフォームしてくれるの?

信頼できない業者

相見積もりともなると時間が勝負と、じっくり計測することなく、すぐに見積もり書を出してくる業者は要注意。
逆に、相手の出方をうかがっての後出しジャンケンが有利と、見積もり書の提出を先延ばしにしながら、競合他社の提示額を聞いてくる業者も考え物です。
さらにその料金によって安易に値引きを持ちかけてくるとなると、ただ仕事がほしいだけ。
資材その他でどこを手抜きするかわかったものではありません。

またこちらの要求に対して「なんでもやります」のイエスマンも怪しいものです。
リフォーム業者はそれぞれ得意分野があります。
採算がとれてお客様が満足できる工事ができるのかどうかの判断にはある程度の時間が必要です。
1日当たりの人件費や、資材の数量、単価まで細かく記載された見積もり書が提示できなければ、信頼できる業者かどうか疑ったほうがよいでしょう。

誠実な業者

信頼できる業者は安易な価格競争にはのってきません。
自分もお客様も満足がいって採算のとれる仕事かどうかがその料金ですぐにわかるからです。
他業者で提示された一番安い料金を、提示した時の業者の態度で判断してみるのもよいでしょう。
誠実な業者であるなら、お客様の希望にそうためにはどうしてこの資材が必要か、どうしてこの工法が必要か、どうしてこれだけの費用がかかるのか説明してくれるでしょう。
さらに、そもそも見積もりの前に、しっかりと計測したり、問題点の箇所の写真を撮るなどして作成した診断書のような形で、依頼主の十分な理解と信頼を得ることもするでしょう。

リフォームに相場というものはありません。
自分がどのようにリフォームしたいのか、明確なビジョンがあればあるほど、誠実な業者はそれを実現できる良心的料金で応えてくれます。
素人ゆえの質問をどんどんぶつけていくことがよい業者選びのポイントになるでしょう。